和柄

伝統的な美しい柄

和柄の生地は今も昔も変わらず人気の柄となっています。購入する時は大きさを指定して買うことができ、大体10センチメートルあたり50円から300円というのが相場になっています。また和柄は誰からも評判が良く、とても使いやすい柄だといえるでしょう。

詳しく見る

女性

種類は豊富

和柄の生地は着物だけに使われるものではありません。最近は洋服や雑貨、小物などにもよく使われています。種類も豊富です。生地は和柄專門の手芸系通販サイトを利用するといいでしょう。代表的なものは千鳥柄などが挙げられます。

詳しく見る

布

簡単に和にアレンジ

和柄の生地は、手軽に簡単に小物を作るだけで少し豪華に見せられるアイテムが出来上がることで、ハンドメイドをする人にも人気があります。少しアレンジするだけで、スマホケースやシュシュなど良いものが出来上がります。

詳しく見る

多様な種類

裁縫

はぎれもある

裁縫をする時に、和柄の生地を使ってパッチワークをする人や、自家製の着物を縫う人もいるといわれています。はぎれをまとめて手に入れて、人形の服を縫う人や、小物を作る人と、趣味に合わせて利用する人が増えてきました。和柄の生地も素材や種類によって多様な用途に答えるといわれており、利便性が高い物として、評価されています。利用するときにはまとめて買える手芸店のサイトを利用する人も多く、問屋で買う人や、手芸店のアウトレットで買う人も多いです。店により和服を作った残りのはぎれ生地が販売されていることもあり、高品質な和の小物を作るために手に入れる人も多いといいます。縫い合わせる布地同士の種類や、縫い方によって現代風のデザインから伝統的な雰囲気を見せるでしょう。また、自分で和裁ができる人であれば、着丈やサイズにこだわらず布の種類によって理想通りの着物を縫うことができるといいます。和柄とはいえ、ハンカチのような綿の生地の場合、洗濯に気を配ることなく簡単に洗えるため便利です。正絹やちりめんといった物も少なくない事や、布地に合わせて新たな可能性を利用できる裁縫ができるのもメリットといえます。和柄に興味がある場合には、前もって縫い合わせるタイプの布に仕上げて練習をすると、すぐに上達しやすいでしょう。正絹・ちりめんといった、布の種類は業者ごとに取り扱う品が異なる為、欲しい布を探す場合には事前に相談するのがベストです。